MENU

日本は玄関で靴を脱ぎ、ドアは外開き…理由は歴史と風土にあった

玄関は家の顔とよく言われます。 玄関を見れば、住む人やお宅の事情が分かるとも。 「玄関」のルーツを調べてみると、老子に始まり、仏教用語だったそうです。 ただ靴を脱ぎ、履くための空間ではありませんでした。


玄関の歴史

そもそもの始まり

老子 體道第一 玄之又玄衆妙之門

時代は紀元前6世紀まで逆上ります。 中国の「老子」に書かれた、第一章 最後の一節がそもそもの始まりです。

玄のまた玄、衆妙の門

確かに がありますね。 通説では「奥のまた奥深くが、あらゆる優れたものへの門」という意味だとか。 「奥の奥に真実はある」ということでしょうか。 (解釈は様々あるようです)

このという字、「奥が深いこと」などの意味があります。 その道のプロである「玄人(くろうと)」や、 奥深くてはかりしれない「幽玄(ゆうげん)」などにも見られます。


中国で

達磨大師

時は下って紀元6世紀、達磨大師(通称:だるまさん)がインドから中国に禅を伝え、禅宗が広がりました。 宗徒たちは老子の言葉を「妙な道に入る門」と捉え、 道場の入り口に「玄関」の文字を揚げたそうです。 ここから先は玄妙な場であり、ここは悟りへの関所と見立てたのです。

そのころ「玄関」は抽象的に「仏の道への入り口」を示しましたが、やがて具体的な「禅寺の入り口」を指すようになっていきました。


日本に

お寺の玄関

日本には鎌倉時代に禅宗が伝来し、「玄関」は寺院の入口という意味で伝わりました。 また、禅宗の影響を受けた書院造りという建築様式が生まれ、室町時代に高度に発展します。 公家や武士の屋敷に取り入れられ、やがて屋敷の入口も玄関と呼ぶようになったのです。

この時代は、高貴な人の屋敷にしか玄関はありません。 町内の揉め事などは、名主の屋敷の玄関で解決されたそうです。 (今で言えば家庭裁判所?)

玄関は庶民にとって、重要で神聖な場所であったようです。


長屋では

江戸時代の裏長屋の生活

しかしその後、武家屋敷の玄関は格式を表すシンボルになっていきます。 江戸時代には、庶民が玄関や門を造ることを禁止されるまでになりました。

そういえば時代劇に出てくる長屋は、戸を開けたところは土間ですね。 「かまど」や「水がめ」が並び、台所が家の入口を兼ねていました。

明治に入り身分制度が廃止されると、やっと庶民の家にも玄関や門が登場し始め、現代に至ります。

図:江戸時代の裏長屋の生活




家に上がる時は靴を脱ぐ

日本=高床

高床

日本では「家に上がる」と言いますが、欧米は「家に入る」と言うのが普通です。 この差は、家の造りの違いから来ているのでしょう。 日本の住宅は、床が一段高くなっています。 家の中に入るには、物理的に床の高さまで上がります。だから家に「上がる」のです。

日本の弥時代には高床倉庫が造られました。 穀物を保管するため床を高くし、湿気を防いでいたのです。 床が高いので水害対策にもなり、虫や害獣の被害防止にも有効でした。 これが住居にも応用されていったのです。

東南アジアなど多雨多湿な所では、今でも高床の住居が使われています。


祠

今の住宅に高床の特徴は見られませんが、当時の姿は日本中で見られます。神社や祠がそれです。 高床式の建物は、豪族や貴族階級の住居として用いられました。 これに習い、神の住まわれる神社を造ったと言われています。

高貴な人は高いところに居られる、という観念があるのですね。 その後に発展した書院造りでも、身分の高い人が座る場所を一段高くして階級の差を示していました。


玄関の靴

さて家に上がるとき、日本人なら誰でも靴を脱ぎます。 これも多雨多湿な気候が原因と言われます。 舗装がない時代、雨でなくても足元は泥だらけ。 そのまま上がると床も泥だらけ。湿気が高いので、そのうち床は腐ってしまいます。 前述の東南アジアなどでも、靴を脱ぐ習慣があるようです。

また日本では、床(畳)に“お膳”を置いて食事をし、布団を敷いて寝ていました。 生活の場を清潔に保つため、靴を脱いだのです。


落語家

落語では、ご隠居さん宅に熊さん・八つぁんが来たとき、たいていは玄関先や縁側で話して帰ります。 よほどの話のときだけ、家の中に招き上げました。 日本人はお寺や神社と同様、家も神聖な場所と考えていました。家に上がるのも特別な意味があったようです。



西欧=石造り

リビング

欧米の家は玄関ドアを開けると、いきなりリビングが見えます。 玄関という空間はなく、靴のまま中に入りソファーに腰掛けます。 食事や読書テーブルと椅子。ベットとシャワー以外に、靴を脱ぐ習慣はありません。

そもそも床は道路や地面と同じ、多少汚れても違和感はなかったのかもしれません。 日本のように床に直接座ることはありません。


ヨーロッパの街

西欧の住宅は、石造りやレンガ造りが中心です。 西洋文明が発祥したオリエントは、雨が少なく乾燥していました。 大きな木が育ちにくく、木材より石材のほうが入手しやすかったのです。 石造は人手や時間がかかる一方、丈夫で何世代も暮らせる家ができます。

石は腐らないので、木造のように床を高くする必要はありません。 高くすると余計な手間もかかります。 地面と床の段差をつくらず、道からドアを開けそのまま入れるようにしました。 だから「入る」のです。 また道は石を敷き詰めるなど舗装していたので、土埃も少なかったでしょう。

ただ、ヨーローッパの街並みには、よくドアの前に低い階段を見かけますね。 その理由は住宅事情にあります。都市では住宅が密集し、広い土地を確保できません。 そこで住居の下に地下室やワインセラーを造り、土地を有効活用していたのです。


玄関ドアはどちらに開く?

欧米=内開き

欧米のドア

欧米の家は、出入口や窓など、開口部はすべて「扉(ドア)」になっています。 しかも、必ず内側に開きます。これは、防犯上の理由だそうです。

不審者が無理やり扉を開けようとしたとき、外開きだと中から引っ張って防ぐしかありませんが、 内開きなら体重をかけて押したり、物を置いて開かないようにもできます。 また、外開きだとバール等でこじ開けられてしまいますが、内開きなら簡単には壊せません。

欧米にも「引き戸」はありますが、開口部には使われません。 4辺すべてに隙間があって外されやすいからです。 ドアは1辺を金具でガッチリ固定するので、攻撃に強く安全な構造です。 ドアは、侵入の防止や攻撃に耐える装置でもあるのです。


日本=外開き

日本のドア

日本の玄関も近年はドアが主流ですが、ほとんど外開きです。 欧米と違う理由は、玄関で靴を脱ぐ習慣があるからです。 ドアが内側に開いたら、置いている靴が乱れますし、靴を履いたり脱いだりが窮屈になりますね。

またドアを開くときは、開く側に扇型のスペースが必要です。 欧米ではリビングに直接入るので広さは十分ですが、日本には玄関があります。 その広さに制約があることも、外開きになった理由です。

その昔、日本家屋ではを引き戸が中心でした。 安価ですむ事もありますが、当時の日本の風潮も大きく影響していたかもしれません。 暑い時には戸も窓も開けっ放し。 ご近所に出かける時も、鍵などはかけませんでした。 今も田舎などでは時々耳にしますが、近所づきあいを大切にした素晴らしいコミニュティーだと思います。 これがあるから、出入口を頑丈にはしなかったようです。

皇居・田安門

ただ、日本にも内開きの「ドア」はありました。 お城の門、屋敷の門などです。敵の侵入を防ぐため、西洋のそれと同じです。 適材適所、ドアと引き戸を使い分けていたのです。


ちなみに日本でも、ホテルの部屋は内開きのドアになっています。 欧米の造りを取り入れたこともあるでしょうが、別の大きな理由があります。 災害時に避難を妨げないよう、通路側にはドアが開かないのです。 公共の建物やオフィスビルでもそうなっています。



おわりに

「玄関」は禅宗の仏教用語でしたが、今はごく一般的な住宅用語になりました。 でも玄関は家の顔でもあり、家族が毎日通るところでもあります。 キレイにしておきましょう。靴を脱ぎ散らかしてはいけません。