MENU

住宅リフォームのきっかけは? 春夏秋冬、適している季節は?

リフォーム = reform ?

リフォーム

リフォームと聞いて思いつくもの…古い衣服をを仕立て直す「洋服リフォーム」もありますが、 最近では、家の模様替えや増改築など「住宅リフォーム」の方が一般的でしょうか。 その「リフォーム」という言葉、

re(再び)+ form(形作る)⇒ reform
だと思われがちですが、実は和製英語のようです。


英語の reform は「改革」や「改善」のこと。 建物に使う場合は、構造などを含めた全体的な改築を指します。 日本で使われる「リフォーム」に近いのは、renovation (リノベーション)だとか。


リノベーション

この「リノベーション」、最近よく聞くようになりましたね。 古いマンションの大改装、個性的でオシャレな物件、などなど。

実はこれも和製英語で、英語本来の意味は、「修復」「修理」などです。 解釈はそれぞれですが住宅メーカーなどでは、以下のように棲み分けているようです。

・リフォーム   ⇒ 新築に近い状態に戻す

・リノベーション ⇒ 新築の時より良くする

本来の英語とはニュアンスが逆ですね。 ただ、住宅用語として今は明確な定義はありません。両方をまとめて「リフォーム」と思っていいでしょう。

さて、そのリフォームですが、どんなきっかけで行うのでしょうか。


リフォームの動機(きっかけ)

リフォーム

古くなったから

国土交通省の調査などによると、リフォームの理由の多くはこれです。 長年住んでいるうちに家は古くなり、傷みや汚れが目立つようになります。 きれいにしたいのは誰でも思うでしょう。

我慢して使っていても、壊れてしまったら修理が必要ですね。


リフォーム

使い勝手が悪いから

お風呂やトイレ・キッチンなどは、新築のころは満足して使っていたはずです。 でも年を重ねると、不便さを感じるところも出てきます。

また住宅設備の発展は目覚ましく、新しいものが羨ましいと感じるでしょう。 最新の機能を使うために交換したい、というのも目的のひとつです。


リフォーム

生活の変化により

ここからは、先程の「リノベーション」と呼んだ方がいいかもしれません。 子供が独立した、二世帯で住むようになったなど、生活の中で家族構成が変わることがあります。 それに合わせ、部屋の数や造りを変えるたいという希望。 また家族に高齢者ができれば、できる限り住みやすくしてあげたい。

より暮らしやすくするために、以前より良い機能を望んでいるわけですね。


リフォーム

家を長持ちさせるため etc.

上のような動機は以前から変わりませんが、このところ増えているものがあります。 それは「家を長持ちさせたい」という理由。 国土交通省「平成29年度 住宅市場動向調査」 で示されています。

また、若い世代では「自分好みの家にしたい」、 シニアでは「快適なセカンドライフのため」 なども理由にあがるようです。

リフォームの目的が「不満を解消する」から「積極的に改良する」 に広がっているようです。


リフォームに適した季節

日本には美しい四季があり、春夏秋冬それぞれの風情を楽しむことができますね。 ではリフォームしようと思い立ったとき、すぐに始めるか、時期を考えるか、どうでしょう。 そこで、季節ごろのメリットや注意点などをご紹介します。


春

リフォームする季節で、一番人気なのが春。 入学や就職・異動などで新生活がスタートし、 家族構成やライフスタイルが変化します。これに合わせ、リフォームするケースは多いでしょう。

また春は、一年で一番気候が安定しています。 外回りの工事などが雨に邪魔されず、計画どおりに進むというメリットもあります。 住みながら工事するときも、冷暖房なしで快適に過ごせる季節です。

それ以外に、4月は新年度の始まり。 自治体の補助金も新しく始まるものがあります。 補助・助成制度は年間の予算額が決まっており、人気のものはすぐに終了してしまいます。 始まったばかりの春であれば、自分にもっとも有利な補助金を利用しやすくなるのです。


ただし、人気ならではのデメリットもあります。 大工さんや職人さんの人手不足になりやすく、依頼してもすぐに工事が始められないことも。 春のリフォームは、早めに計画・予約しておくことをおすすめします。


夏

夏の始まりには(6月~7月)、梅雨があります。 屋根や外壁のリフォームは雨の影響を受けやすく、工事が伸びてしまうことが考えられます。


そして梅雨が明ければ、今度は暑さが厳しくなりますね。 住みながらリフォームする場合、エアコンが使えなくなることを考えておきましょう。 また、大規模な工事では仮住まいが必要ですが、お子様の夏休みに合われれば通学の負担は減らせます。

ただ、夏は日照時間が長いのも特徴。 一日の工事時間を長くとれる、というメリットはあります。


秋春

秋雨前線が過ぎれば、涼しくて晴れの日も多くなる秋。春と同じく、リフォームの人気シーズンです。 エアコンもいらないので、さまざまな場所のフォームに適しています。

しかし、問題になるのが台風。 梅雨と違っていつ来るか予測できず、はからずも工事が延びてしまうことも。

さらに台風の暴風雨圏に入ってしまうと、工事中の部分から被害が発生する危険性もあります。 台風は大きなデメリットと言えます。


冬

寒さが厳しくなる冬は、リフォームを避ける人が多いようです。 ですから、工事の依頼が少ない時期。 ということは、職人さんたちも手が空いていることになります。 春先では引っ張りだこだった有能な職人さんに、工事を頼めるというメリットが出てきます。


しかしその分、天候の悪さは軍を抜いています。 低温により塗装や接着剤の乾きが悪かったり、 雪や霜の影響で、工事が中断する場合もあります。 日も短いので一日の工事時間が短くなり、工期が長くなるデメリットもあります。



まとめ

季節人気特徴
[メリット]
・温暖な気候、天候の崩れが少ない。
・年度替わりで新しく始まった補助金を利用しやすい。
[デメリット]
・職人さん、大工さんの人手不足。
[メリット]
・工事時間を長くとれるので、工期が短くなる可能性がある。
[デメリット]
・工事場所によってはエアコンが使えず、暑い。
・梅雨時期は工期が伸びる可能性がある。
[メリット]
・工事中にエアコンが使えなくなってもさほど支障がない。
[デメリット]
・台風がいつ来るか分からず、もし台風がきた場合工期が延びる可能性がある。
[メリット]
・有能な職人さん、大工さんを確保できる。
[デメリット]
・天候が悪く、工事に影響することがある。
・工事時間が短くなり、工期が長くなる可能性がある。


最後に

リフォームの動機はいろいろありますが、季節ごとにメリット・デメリットはあります。 リフォームを思い立った時、いつ工事すればいいのか検討してみて下さい。

住宅にトラブルが起きた時は、直すのは先決です。 ですが、やがて来る季節への対処などは、込み合う可能性もあります。 希望する時期によっては、早めの準備が欠かせません。