結露はカビ・ダニを発生させ、人と家の大敵! 対策は換気から - ユメックス(香川県高松市)
MENU

結露はカビ・ダニを発生させ、人と家の大敵! 対策は換気から

冬の朝の曇った窓ガラス

窓の結露にあいあい傘の落書き

冬の寒い朝、カーテンを開けると、窓に結露。 そんな時、子供達がいればさっそく落書きでしょうか。 あなたなら何を描きますか?

懐かしいアイアイ傘の写真を見つけました。 落書きって、童心に返ったりしてちょっと楽しいですね。

でも、お絵かきの時間が終わったら、ちゃんと拭き取りましょう。 ガラスに指の油やホコリが付いて、跡が残ります。 汚れたままのガラスでは、次の落書きの時に指が汚れますよ。


結露はカビ・ダニの原因

結露でできたカビ

ただの水滴なら、放っておけば乾きます。 でも、結露のまわりは湿度が高いので、なかなか乾きません。 多湿な状態が続くと、カビが生えてしまいます。

カビが生えると、それを食べるダニが増え、またそれを食べるダニが増え… 窓のまわりは、カビやダニの温床となってしまいます。

「そううち乾くから」と放置せず、ちゃんと水滴を拭き取りましょう。 汚れも一緒に取れるので、一石二鳥と考えれば得した気になりますね。 100均などで売っている、水滴を取るワイパーや吸水クロスなどを使えば便利ですよ。


好ましい温度と湿度

結露が起きるということは、部屋が多湿だという証拠です。 そして暖房しているので、室温も高い状態です。 カビやダニは、こんな高温多湿の場所が大好き。ホコリや汚れを食べながら、どんどん増えていきます。 対策を怠ると、じゅうたんや押入れ、そして壁や床の内部まで広がります。 カビの胞子やダニの死骸・フンが、ぜんそくやアトピーなどのアレルギーを引き起こしてしまいます。

それでは、好ましい温度と湿度はどれくらいでしょうか。

好ましい温度と湿度

※出典:加湿.netより

カビ カビ は、湿度が60%以上で発生し、70%を超えると猛烈な勢いで繁殖します。 しかし、いくら湿度が高くても、カビは水分を直接取り込むことはできません。 空気が冷やされて、水滴になって初めて吸収できるようになります。 ですから水滴ができたら、拭き取らなくてはならないのです。
なお、湿度が60%以下になるとに発育が困難となり、55%以下では成長しなくなります。 湿度を下げることで、カビの発生を押さえることができます。

ダニ ダニ 湿度65%以上で繁殖し、75%前後で活発に活動します。 60%以下では生息が鈍り繁殖が停止、50%以下では半減します。 ダニの発生を押さえるのは、カビと同じく湿度を下げることです。
また種類にもよりますが、温度は25度付近を好みます。 ですから暖かいリビングには、一年中ダニが生息しているかもしれません。 冷たそうな押入れの中の、布団はどうでしょうか。 ダニは低温では繁殖しませんが、動かず耐えています。卵も越冬します。
50℃以上になると卵まで死滅するのですが、日に干したくらいでは死にません。 ダニ退治モードのついた布団乾燥機などを使いましょう。 その後、掃除機で死骸を取り除くこともお忘れなく。

ウイルス ウイルス は、低温・低湿度を好み、湿度が50%を下回ると活動が活発になってしまいます。 そして乾燥するとウィルスが舞いやすくなり、感染の危険が大きくなります。 カビ・ダニ対策は、湿度を下げることですが、下げ過ぎには注意が必要です。
風邪のウイルスなどは種類によって異なりますが、 大半は湿度が50%になると、ウイルスは約3%の生存率になります。 室内の湿度を50~60%に保つのがおすすめです。


これらを考えると、人にとって冬の最適な室温は 18℃~24℃、 湿度は 40%~60% となります。


結露は「家」にとってもよくありません

結露は窓だけではなく、壁や床、押し入れの奥などでも発生します。 この水分を壁紙が吸い込むと、壁紙がはがれたり、シミになったり。 さらに水が入り込むと、内部の断熱材や木材を腐らせます。 当然、カビやダニの住み家となったり、シロアリなどの発生原因にもなります。

家の診断

ここまで進むと、家は地震に弱くなり、室内はカビ臭く、菌や害虫が住みやすい環境になります。家の寿命が、どんどん短くなっていきます。 すでにシミや腐食が広がっている場合、腐食がどこまで進行しているのか、プロに見てもらった方がいいかもしれません。

結露が起こらないよう湿度を下げて、家を守りましょう ただし、乾燥のし過ぎにも注意してください。 湿度40%以下では木材が乾燥しすぎて、ひび割れなどを起こしやすくなります。


換気で湿度を下げる

換気 私たちの暮らしの中には、湿度を上げているものがたくさんあります。 例えば料理。冬の寒い夜、鍋パーティーすると窓は必ず結露しますね。 煮炊きしたり湯を沸かすと湯気が出て、大量の水蒸気を発生させます。 実は、ガスを燃やすだけでも水蒸気は出ています。 石油ストーブや石油ファンヒーターも、点けておくだけで水分が発生します。 1リットルの灯油を燃やすと、およそ1リットルの水ができるそうです。

湿度を下げたい時は、換気が一番です。 窓を開けて5~10分あれば、十分に換気できます。2時間に1回を目安に換気しましょう。

換気をすると暖かい空気が逃げていくので勿体ない、と思われるかもしれませんが、 実はそうでもありません。 25℃の部屋の空気を10℃の外気と入れ替えても、 壁や床などが室温と同じ25℃の熱を持っているので、すぐに24.7℃まで戻るのです。


換気扇で湿度を下げる

もちろん換気扇も有効です。料理をするときは、換気扇をつけましょう。 湿度を下げるには、常に換気扇を回すのがベストです。 お風呂やトイレの換気扇をつけておく事も価値があります。


熱交換式の換気扇 でも、ずっと換気していると室温が下がってしまいます。 暖房のロスになって、地球にも優しくありませんね。 これを解決するのが熱交換式の換気扇。 排出する空気の熱を回収し、入ってくる空気へ交換します。 室温20℃の場合、外気温が0℃であっても14℃まで温めて室内に取り込みます。

※出典:Panasonic より


結露はカビやダニの発生につながり、シックハウス症候群を引き起こします。 また家の内部にまで侵入し、建物に重大なダメージを与えます。 上手に換気して、人と家を守りましょう。