MENU

高松市から香川県全域のリフォームをお手伝い!

 

0.5以下の耐震強度を1.0以上に耐震リフォーム

リフォームのポイント(耐震改修)

施工後
施工前

耐震改修を行うためには、まず現状の建物の耐震強度を調べる必要があります。 今回のお住いは築年数も古く、昔ながらの日本家屋の構造。耐震強度は0.5以下でした。
建物外周部分の壁の量が少なく、窓が多くある造りだったため、耐震強度がとても低かったのです。

耐震計画・写真

そこで、基礎の補強、壁に筋交いや面材耐力壁による補強、そして殆どの柱に金物補強を施しました。 おかげで新耐震基準である1.0以上を確保する事が出来ました。
1.0以上の場合、震度6強から震度7の地震に耐えうる構造強度であると認定を受けることができます。 その認定を受け、高松市より補助金90万円の支給を頂くことできました。


以下が、耐震計画の図面と施工写真です。


基礎補強

基礎補強

筋交い

筋交い

面材耐力壁

面材耐力壁

金物

金物