MENU

ワンちゃんのために、床の滑り防止対策

室内犬の割合は81% … あなたのお悩みは?

室内犬は臭う?

日本では少し前まで、犬は番犬として玄関先(屋外)で飼っていました。 しかし現在では、室内犬の割合が81%にもなるそうです。

(ペットフード協会「2014年全国犬猫飼育実態調査」)

室内で飼う時は、どうしても臭いが気になるし、掃除も大変ですね。 最近の住宅はフローリングがほとんどなので、床の傷(爪跡)も悩みのタネです。

でも、もっと重要なのはワンちゃんにとって、「滑りやすい床が足腰に大きな負担」になる事です。 ここでは、フローリングに潜むリスクと対策をご紹介します。


フローリングによる悪影響

滑る床は危険

ワンちゃんが喜んで走り回ろうとしても、フローリングの床ではツルツル滑ってしまいます。

犬が走る時には、地面に爪を食い込ませて力強く蹴ります。 しかしフローリングでは、傷をつけることはできても爪が食い込まず、上手く走れません。 滑って転んだり、物にぶつかってケガをしたり…

骨折や脱臼は愛犬に多いトラブルですが、以下のような深刻な病気になることもあります。

【膝蓋骨脱臼】 滑ったり転んだりして、膝のお皿がずれる病気。 足を浮かせて歩いたり、引きずって歩いたりする。歩行が困難な状態になる。
(チワワ、トイプードル、マルチーズ、ポメラニアン、ヨークシャー・テリアなど、小型犬に多い)

【股関節形成不全】 骨の成長に異常があって、股関節が緩み、炎症により痛みが伴う病気。 座り方がおかしく横座りしたり、腰を左右に振りながら歩いたりする。
(ラブラドール・レトリバーやゴールデン・レトリバー、シェパードなど、大型犬に多い)

【椎間板ヘルニア】 椎間板内部の髄核という組織が突き出して神経を圧迫する病気。 進行すると脚がマヒし、立つことすらできなくなってしまう。この病気は老犬に多いとされる。
(胴の長いダックスフンド、軟骨異栄養症性犬種[ビーグル、プードル、パグ、シーズーなど]に見られる)


滑り・傷防止対策

大切なワンちゃんを守るため、滑らない床にしてあげましょう。 これらの対策をすると、同時にオシッコや汚れが染み込みにくく掃除がし易くなりますし、臭いの対策にもなります。 また、お子様やお年寄りなど住む人にとっても安全な床になります。

その1:フローリングの上に何か敷く

カーペットやシートを敷くのがお手軽です。 ただ、それ自体が横滑りしないように敷くのがポイント。 掃除がしやすく、防水性のあるものを選びましょう。


タイルカーペット

お勧めは、タイルカーペット。 接着剤やシールを使っておらず、置くだけでピッタリ吸着するので、 お部屋に敷きつめるだけ。 ハサミでカットすれば、入り組んだところでもピッタリ設置できます。 汚れたら、その部分だけ取り外して洗え、痛みがひどければ、そこだけ交換すればOK。

色の選択や自由なレイアウトは、飼い主さんの腕次第。季節によって変えてみるのも素敵ですね。



コルクマット

続いては、ジョイント式のコルクマット。 コルクには、「肌触りがよく温かい」素材で、弾力性、保温&遮熱性、防滑性(靴下でも滑らない)などが高く、遮音効果も優れています。

ただ、あまりに廉価なものは安全性(品質)に不安がありますので、検査規格をクリアしているものを選びましょう。 つなぎ目(ジョイント部のギザギザ)に隙間がないか・目立たないか、チェックするのも大切です。


その2:フローリングの表面を塗る

フローリングにはワックスなどを塗りますが、これをペット用のものに替えてみましょう。 滑り防止、傷防止、防水・防尿などの効果があります。


ペット用ワックス

まずは、ペット用ワックス。ペットの事を考えた製品なので、ワンちゃんにとっても安心。 種類も多く、室内のアルデヒド類を分解除去する、環境安全・シックハウス対応の製品もあります。

ただ、ワックスは効果ががあまり期待できない物もあり、効果があっても長続きしませんので、1年に1回くらい塗り直す必要があります。


ペットフロアコーティンg

ワックスより強力なのが、フロアコーティングです。 滑り止め効果や傷からの保護性能がとても高く、お手入れも簡単。20年以上もつ製品もあります。

塗装が難しいので業者に頼むことになりますが、何と言っても仕上がりがキレイです。 すでに傷などがあれば一緒に補修する事もできます。

一例: AJパーフェクトコートセット

動画を見る

その3:床の材質を替える

最後は、床そのものを替える方法です。 新築やリフォームする時に、ワンちゃんと一緒の暮らしを考えているのなら専用の床材を選びましょう。 ワンちゃんの足腰のことを考え、人も滑りにくい安全設計と安心品質。 ワックスがけが不要で、傷や汚れに強くお手入れ簡単。 長く安心して使えます。

足腰にやさしいペット用床材

一例: ワンラブフロアII